施術例【五十肩が半年続いている】(50代女性)

整体の施術例

【五十肩が半年続いている】整体施術例

51歳 女性 パート 青梅市在住
【五十肩を訴え来院】
2年前くらいから右肩がギクギクしていたが、半年くらい前から痛みが強くなり始めた。
3週間くらい前からは夜に痛みで目が覚めることがある。
朝起きたときにも痛い。腕を動かして馴染んでくると痛みは軽減する。
一番痛い動きは、
・手を後ろに回す動作、
・反対の肩に水平に伸ばす動作、
・頭を洗う動作など

五十肩の整体

【初診時の症状】
左右の棘下筋、小円筋、大円筋、上腕三頭筋に過緊張と圧痛およびトリガーポイントあり。
右肩甲下筋、小胸筋に圧痛あり

【施術後の経過】
いわゆる五十肩の増悪期にあり、痛みがすぐに戻りやすい状態でしたが、筋の緩和を中心にした調節で1ヶ月8回の治療で大分痛みがなくなってきました。その後は筋自体の痛みの改善だけでなく、筋のバランスを変えるような調整をしてもう1ヶ月4回の治療で日常的な動作に支障がなくなりました。

【院長コメント】
肩関節の動きに関する複数の筋に過緊張と圧痛があり、筋バランスが崩れている状態でした。
具体的には、関節の動きに対してメインに働く筋(主動筋)、その補助的な働きをする筋(協働筋、補助筋)、主動筋と反対の働きをする筋(拮抗筋)といったバランスが崩れていることをいいます。
肩関節は動きの自由度を高めるために関節のはまりが浅くなっています。その分をたくさんの筋で吊っている構造になっています。
肩関節の障害はこれらの複雑な構造の筋のバランスや関節内の動きに着目して機能的な回復を図っていくことが重要なポイントになります。

院長 平原哲夫
Bachelor of Applied Science(Clinical Science) -Australia- 
応用理学士(医科学)
Bachelor of Chiropractic Science -Australia- 
カイロプラクティック理学士
JAC(日本カイロプラクターズ協会)会員
日本カイロプラクティック登録機構(JCR)登録カイロプラクター

↑こちらで五十肩について解説しています
PAGE TOP