施術例【慢性的な肩こりと腰痛】(40代女性)

整体の施術例

【慢性的な肩こりと腰痛】整体施術例

40歳女性 会社員 青梅市在住
【肩こりと腰痛で来院】
10年前からの慢性的な肩こりと腰痛を感じていた。
最近痛みが強くなってきたために来院。
普段はデスクワーク中心で、午後になってくると頭痛が出る事もよくある。
マッサージや整体にもよく行くが、あまり状態が良くならないのでカイロプラクティックを試してみようと考え来院。

デスクワークの肩こりの整体


【初診時の症状】
・後頭下筋、僧帽筋、腰方形筋、梨状筋の過緊張。
・上部頸椎、下部頸椎、上部胸椎、下部腰椎の可動制限と圧痛がみられる。
・姿勢検査:頭部前方偏位(首ねこ背の状態)、体幹のねじれ。

【施術の経過】
初回は頚部と腰部の関節の調節をし、頚部の筋肉に対して筋膜の調整を行った。治療後は痛みが減少し、頚部と腰部の可動域の改善が見られた。
2回目は胸部の関節の調節とエクササイズの指導を行い、姿勢に対するアプローチを試みた。
10回目には症状があまり気にならなくなってきたために月に1回程度のメンテナンスに移行した。

【院長コメント】
長年のデスクワークによる慢性的な肩こりと腰痛、といえばたくさんの方がお悩みの症状ですね。
しかもマッサージや整体の治療を受けてもすぐ戻ってしまいで、なかなか改善が見られないことが多いです。
こういった場合は普段の姿勢(仕事姿勢)に対するアプローチが効果的な場合が多いです。
関節の調節とエクササイズ(トレーニング)により理想的な姿勢を獲得し、疲れにくい身体を作ることが根本的な治療につながります。sidekickでは、個人に合わせたオーダーメイドの筋力トレーニングを実践していただくことで、早期の改善をすることが可能です。デスクワークで肩こり腰痛でお困りの方はぜひお越しください。

院長 平原哲夫
Bachelor of Applied Science(Clinical Science) -Australia- 
応用理学士(医科学)
Bachelor of Chiropractic Science -Australia- 
カイロプラクティック理学士
JAC(日本カイロプラクターズ協会)会員
日本カイロプラクティック登録機構(JCR)登録カイロプラクター

↑こちらで肩こりについて詳しく解説しています
PAGE TOP