施術例【ゴルフでの肩こりと頭痛】(50代女性)

整体の施術例

【ゴルフでの肩こりと頭痛】整体施術例

50歳女性  パート  青梅市在住
【肩こりを訴えて来院】
もともと慢性的な肩こりがあったが、ここ1ヵ月は常に肩がこっている。
こりがひどい時には頭痛がしてくる。自分でマッサージ機をつかってほぐしているが、気休め程度。
原因としては、趣味のゴルフでレッスンプロに教わり始めてから、練習にのめり込み過ぎたせいだと思う。
特に大きな病気やけがの経験はない。仕事は事務職のパート。

ゴルフでの肩こり頭痛の整体

【初診時の症状】
・首から肩にかけての筋肉、特に左側の過緊張
・姿勢検査では上半身と下半身がねじれた状態
・脊柱、骨盤の可動性が悪い

【施術の経過】
初回は骨盤矯正と腰椎の調整を行い、肩が軽くなった実感があるとのことでした。
現在の身体の状態を説明し、良い状態を維持するためのストレッチやエクササイズを指導。
1週間後の来院時では、肩こりはあるが頭痛を感じることがなかったとのことでした。
それからは週1回の調節を4回行い、ゴルフ練習後は必ずセルフケアを徹底していただきました。
現在では頭痛が出ることはほとんどなくなり、肩こりも以前の10分の1程度におさまっている。

【院長コメント】
骨盤や脊柱のねじれによって、首肩の筋肉に長時間にわたる負担をかけ続けた結果、緊張性頭痛を引き起こしてしまったようです。
ゴルフスイングのような特定の動きを繰り返し行うことは、筋肉の使い方に大きな左右差が出るため、身体にねじれのクセをつくりやすいです。
そのため土台となる骨盤や脊柱を整えないことには、いくらマッサージをしても肩こりが元に戻ってしまいます。
根本的な解決にはカイロプラクティックの骨盤矯正や脊柱の調節によって、身体の土台となる骨盤や脊柱のアンバランスを整えていくことをおすすめいたします。また運動後に身体をリセットするためのエクササイズも欠かせません。sidekickでは根本的な改善のために、施術はもちろんセルフケアのためのエクササイズに力を入れています。

院長 平原哲夫
Bachelor of Applied Science(Clinical Science) -Australia- 
応用理学士(医科学)
Bachelor of Chiropractic Science -Australia- 
カイロプラクティック理学士
JAC(日本カイロプラクターズ協会)会員
日本カイロプラクティック登録機構(JCR)登録カイロプラクター

↑こちらで肩こり頭痛について詳しく解説しています
PAGE TOP