施術例【肩こりからの頭痛】(30代男性)

整体の施術例

【肩こりからの頭痛】整体施術例

30代男性  会社員  青梅市在住
【肩こりと頭痛で来院】
1ヵ月前くらいから肩の重い感じが気になるようになった。
調子の悪い日は朝起きた時から肩と首の根元にスッキリしない感じがある。
ときどき頭の左側にぎゅーっとする痛み出ることもある。
お風呂でよく温まると楽になる気がする。
マッサージに何度が通ったがあまり良くならなかった。
仕事はデスクワークでこのところ忙しく、一日12時間以上パソコンの前に座っている。
月に一度フットサルをするが、普段は運動をしていない。
特別な病気や怪我の経験はない。

肩こり頭痛の整体

【初診時の症状】
・首・肩の筋肉の過緊張(僧帽筋、胸鎖乳突筋、後頭下筋など)
・頚椎、胸椎の関節の可動減少

【施術の経過】
左の僧帽筋の緊張が強く、圧迫をすると頭痛が出てくる。
筋肉の緩和を行い、頚椎と胸椎の調整によって筋肉への負担を軽減させると頭がすっきりしたとのこと。
調節後の良い状態を維持するために、ストレッチや日常生活での注意点をアドバイス。
1週間後の来院時には、頭痛を感じることがなくなったとのこと。

その後、週1回の調節を4回行い、自覚的には肩の重さも気にならなくなった。

【院長コメント】
デスクワーク時の不良姿勢によって、首肩の筋肉に長年負担をかけ続けた結果、頭痛を引き起こしてしまったようです。

これは、「筋筋膜性症候群」や「トリガーポイント」による関連痛と呼ばれるタイプの頭痛で、カイロプラクティックによる調節が効果的な症状です。

この患者さんは、パソコン作業時の姿勢改善のアドバイスをすぐに実践していただいたことで、繰り返しの悪化を避けることができました。

sidekickでは、姿勢の指導はもちろん、作業上での注意点や負担のない身体の使い方についてもお伝えして、肩こりや頭痛が繰り返すことのないように再発予防のお手伝いをいたします。

院長 平原哲夫
Bachelor of Applied Science(Clinical Science) -Australia- 
応用理学士(医科学)
Bachelor of Chiropractic Science -Australia- 
カイロプラクティック理学士
JAC(日本カイロプラクターズ協会)会員
日本カイロプラクティック登録機構(JCR)登録カイロプラクター

↑こちらで肩こり頭痛について詳しく解説しています
PAGE TOP