施術例【10年以上続く偏頭痛】(30代女性)

整体の施術例

【10年以上続く偏頭痛】整体施術例

30代女性  会社員  青梅市在住
【偏頭痛で来院】
中学時代から偏頭痛に悩まされていた。
最近職場が変わってから頭痛の頻度が多くなりだし、最近では週に2~3回も頭痛がするようになった。
痛みは脈打つようなズキズキする痛みで、酷い時は気持ち悪くなり吐いてしまう。特に左の側頭部が痛み、頭痛薬が手元にないと心配になる。
数年前に転職したばかりの頃にも症状が酷くなったことがあり、頭痛外来に行ったが、薬を飲みながら「上手に付き合っていくしか無い」と言われた。

偏頭痛の整体

【初診時の症状】

・左の肩、首の筋肉の過緊張(後頭下筋、胸鎖乳突筋、上部僧帽筋など)
・首を動かして痛みが強くなるよりも、下を向いた時に増悪する
・若干光が眩しく感じる 

【施術の経過】
初回は頚椎及び胸椎の矯正を行ったところ、2回目の来院時には偏頭痛の頻度が少なくなった。
1週間に1度のペースで来院して頂き、2ヶ月ほど経つ頃に頭痛発生がしなくなってきたため、2週間後、3週間後と来院の間隔を開けることができた。月経のタイミングと仕事が忙しい時期が重なった時に一度頭痛が発生したが、酷い時の20%程度の頭痛だったので寝たら改善していたとのこと。

【院長コメント】
自律神経の緊張状態が続くことが偏頭痛の原因になります。カイロプラクティックによって頚部の関節や筋肉を調整することで、普段の緊張状態を緩和できるように進めていきました。また普段の生活でも自律神経を整えていただくことが重要なため、例えば、偏頭痛では音や光に過敏になる傾向があるので、できる限りスマートフォンやパソコンに触れる時間を減らしてもらうなど、生活習慣のアドバイスをお伝えしました。

院長 平原哲夫
Bachelor of Applied Science(Clinical Science) -Australia- 
応用理学士(医科学)
Bachelor of Chiropractic Science -Australia- 
カイロプラクティック理学士
JAC(日本カイロプラクターズ協会)会員
日本カイロプラクティック登録機構(JCR)登録カイロプラクター

↑こちらで偏頭痛について詳しく解説しています
PAGE TOP