施術例【変形性頚椎症の手のしびれ】(60代女性)

整体の施術例

【変形性頚椎症の手のしびれ】整体施術例

60歳 女性 事務職 青梅市在住
【左手のしびれを訴え来院】
2年前に寝違えを起こし、その際左の母指と示指にしびれが起きるようになった。他のカイロ院で首を治療していただき、同時に左手の痺れもよくなった。
2ヶ月前に寝違えを再発し、今度は左の腕から親指、示指にかけてしびれと痛みが現れた。整形外科でレントゲンを撮った際には、頚椎のどこかに変形があり、神経を圧迫していると診断され、痛み止めとしびれの薬を処方されたが、あまり良くならない。手術はしたくないので、カイロで診てもらいたかった。

変形性頚椎症の整体

【初診時の症状】
・頭を上から圧迫すると症状が誘発される
・天井を見上げる動作でも症状が誘発される
・首の筋肉を刺激しても症状が誘発される

【施術後の経過】
左手のしびれは頚椎の関節が原因で起こる「椎間関節症候群」が疑われた。施術は頚椎と胸椎の可動性を促すための関節の調整と、首周りの筋肉の調整を行なった。また首の運動やストレッチをお伝えし、毎日自宅や職場で行なってもらった。

初回の施術でしびれは30%程度に軽減。その後1週間に一度の頻度で施術を行い、2ヶ月ほどでの施術でしびれは消失。その後は疲れがたまると軽く気になるとのことから、全身の調整と筋力トレーニング指導のため2週間1回の頻度で来院中。

【院長コメント】
「椎間関節症候群」とは、頚椎の関節がぶつかり合うことで起きる腕や手のしびれ症状です。脊柱の関節と筋肉の柔軟性を上げるカイロプラクティックにとっては、かなり効果を見込める得意分野の症状です。手のしびれや姿勢の悪さでいろいろな治療を試しても良くならないとお悩みでしたら、どうぞお気軽にご相談ください。

院長 平原哲夫
Bachelor of Applied Science(Clinical Science) -Australia- 
応用理学士(医科学)
Bachelor of Chiropractic Science -Australia- 
カイロプラクティック理学士
JAC(日本カイロプラクターズ協会)会員
日本カイロプラクティック登録機構(JCR)登録カイロプラクター

↑こちらで首こりストレートネックについて解説しています
PAGE TOP