施術例【首肩から手のしびれ】(40代女性)

整体の施術例

【首肩から手のしびれ】整体施術例

44歳 女性 会社員 青梅市在住
【左首肩から手のしびれを訴え来院】
3ヶ月前から首から肩にかけてしびれを感じるようになった。特にきっかけは思い当たらないが、仕事が忙しくなった時期と一致していると思う。疲れがたまると、左手まで違和感を感じることもある。
既往歴:右鼡径ヘルニア(外科手術)
運動:特に無し

整体例 首肩から手のしびれ

【初診時の症状】
・頚部の可動域検査では、左回旋10度、伸展20度で首肩がしびれる
・左頚肩部の緊張と圧痛
・下部頚椎を押しながら動いてもらうと、左回旋時の症状軽減
・脊柱骨盤の可動性低下

【施術後の経過】
初回は頚部の関節と筋肉の調整によって、首を動かしてもしびれは半減。その後は脊柱全体の調節をおこない、5回目までには状態も安定してきているため、来院間隔を空けつつ再発予防のためにメンテナンスの施術と筋力トレーニングの指導を定期的に行なっている。

【院長コメント】
このケースでは、特に頚椎から胸椎へ移り変わる部位の可動性低下が強くみられました。
そのため、関節の問題によって肩や手にしびれや違和感などの関連痛を引き起こす「椎間関節症候群」がみられました。
骨盤と腰椎の可動性低下が原因と思われる脊柱のねじれがみられ、これが頚部まで波及していることも根本的な問題と考えられます。
いずれにしてもカイロプラクティックの効果が期待できる問題ですので、同じような首肩のしびれ、違和感にお悩みでしたら、どうぞお気軽にご相談ください。

院長 平原哲夫
Bachelor of Applied Science(Clinical Science) -Australia- 
応用理学士(医科学)
Bachelor of Chiropractic Science -Australia- 
カイロプラクティック理学士
JAC(日本カイロプラクターズ協会)会員
日本カイロプラクティック登録機構(JCR)登録カイロプラクター

↑こちらで首こりストレートネックについて解説しています
PAGE TOP