施術例【3ヶ月以上続く腰痛】(40代女性)

整体の施術例

【3ヶ月以上続く腰痛】整体施術例

45歳 女性 会社員 青梅市在住
【慢性的な腰痛を訴え来院】
3ヶ月以上前から腰痛が気になり続けている。
思い当たる原因は、デスクワークが長くなると腰が辛くなるため、仕事の姿勢が関係していると思う。
半年前からリモートワークで在宅仕事をしており、家の椅子や机があってないように思う。
また、今までに何度かギックリ腰を経験している。
だんだん悪化していて、何もしていなくても痛みを感じることもあり、日常生活にも支障をきたいる。
ヨガを習っているが、痛みであまりできなくなってしまった。

既往歴:特になし
運動:3年ほどヨガスタジオに週1回通っている

長引く腰痛

【初診時の症状】
・身体を前に曲げると腰から腿の後ろにかけて強い張りがある。
・腰からお尻の筋肉に非常に強い緊張があり、少し強く押すと痛みを感じる。
・歩いている時は比較的楽で、座っていると痛みが強くなる。
・脊柱骨盤の可動性低下

【施術後の経過】
骨盤・股関節周りの筋肉が固まっており、骨盤や腰椎の動きが悪くなっていた。初回は骨盤矯正と脊柱の矯正に加え、股関節の筋肉の調整を行う。また、正しい姿勢での座り方と仕事の合間に姿勢のリセットをするエクササイズをお伝えした。2回目の来院時には、痛みの度合いが半減したとのことで、同様の施術を週1回の頻度で8回行うことで仕事をしている時の痛みはほとんど感じなくなった。現在は、月に1回程度の身体全体のメンテナンスとエクササイズのために継続来院中。

【院長コメント】
3ヶ月以上痛みが続く場合、医学的には慢性腰痛と定義されます。
慢性腰痛は急性腰痛(ぎっくり腰)とは異なり、必ずしも筋肉や関節に損傷や炎症が生じているわけではなく、脳の記憶やストレス、弱くなった筋肉や食生活など様々な影響によって腰痛になることがわかっています。
適切な判断とケアを行うことで、改善スピードは穏やかですが克服できない症状ではありません。
一番大切なのは、慢性腰痛になる前の段階で阻止することですが、仮に慢性腰痛になってしまっても諦めずに悪い癖を修正していくことが大切です。そのためには施術だけではなく、筋力トレーニングやエクササイズをおこなって、筋肉のバランスを整える必要があります。sidekickではお身体の状態をみながら、効果的なエクササイズの指導を必ずおこなっていますので、自分で腰痛を良くしたい、予防したい、という方にも喜ばれています。慢性腰痛にお悩みでしたら、どうぞお気軽にご相談ください。

院長 平原哲夫
Bachelor of Applied Science(Clinical Science) -Australia- 
応用理学士(医科学)
Bachelor of Chiropractic Science -Australia- 
カイロプラクティック理学士
JAC(日本カイロプラクターズ協会)会員
日本カイロプラクティック登録機構(JCR)登録カイロプラクター

↑こちらで慢性的な腰痛について解説しています
PAGE TOP