施術例【椎間板ヘルニアでの右足のしびれ】(40代男性)

整体の施術例

【椎間板ヘルニアでの右足のしびれ】整体施術例

40歳 男性 会社員 青梅市在住
【椎間板ヘルニアでの右足のしびれを訴え来院】
2ヶ月前くらいから、腰の重だるさと右の太ももからふくらはぎにじわーっとするしびれが気になりはじめた。整形外科で診てもらうと、「腰の椎間板ヘルニア」と診断され、この1ヶ月は電気治療と腰のけん引を受けているが全然よくならなかった。仕事が一日中デスクワークのため、しびれのせいで仕事に集中できずに困っている。手術は受けたくなかったので、知人からカイロプラクティック勧められたので、受けてみようと考えて来院。
既往歴:左肘脱臼(学生時代に自転車での転倒により)
運動:スキー シーズン中に月2回くらい

腰椎ヘルニア

【初診時の症状】
・脚を組むと症状が悪化する
・ 腰を反らすと痛みが強くなる。
・脊柱骨盤の可動性低下(骨盤を圧迫すると腰痛と右足のしびれが出る)

【施術後の経過】
医師の診断通り、ヘルニアの可能性はあるものの、ヘルニア特有の身体を前かがみ姿勢で症状は悪化しなかった。そのため、骨盤の可動性の問題で腰痛や足のしびれを起こす「仙腸関節症候群」が最も考えられる原因だと判断した。
骨盤矯正を中心に週に1回のペースで4回の施術を実施し、8割ほどの改善がみられ、仕事中もしびれが気にならないレベルまで回復した。現在は2週間に1回のペースで全身のバランスを整える目的で施術とトレーニング指導を行なっている。

【院長コメント】
足にしびれがある場合、多くの場合、「腰椎椎間板ヘルニア」と診断されます。
一方、その他にも多くの問題が足にしびれを引き起こします。今回のように腰椎ヘルニアと診断されても、骨盤の問題、仙腸関節症候群が原因になっているケースがよくあります。
例えば、長時間の座りっぱなしや脚を組むなどでしびれや痛みが強くなる場合、仙腸関節が原因になって症状が出ることがある、ということもぜひ覚えておいてください。
骨盤の問題はカイロプラクティックが非常に効果的ですので、腰痛や足のしびれ、違和感にお悩みでしたら、どうぞお気軽にご相談ください。

院長 平原哲夫
Bachelor of Applied Science(Clinical Science) -Australia- 
応用理学士(医科学)
Bachelor of Chiropractic Science -Australia- 
カイロプラクティック理学士
JAC(日本カイロプラクターズ協会)会員
日本カイロプラクティック登録機構(JCR)登録カイロプラクター

↑こちらで椎間板ヘルニアについて解説しています
PAGE TOP