その他

妊娠中・産後の骨盤矯正

妊娠中・産後の骨盤矯正とは

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 妊娠中や出産後の骨盤のゆがみが気になる
  • 妊娠、出産してから腰痛や股関節が痛い
  • 出産後の身体のケア方法を知りたい
  • 妊娠中や出産後に下半身のむくみが気になる
  • 抱っこや授乳で手首が痛い

当院の施術は病院や整骨院、マッサージ院などでスッキリと改善しない骨盤のゆがみでお困りの方におすすめです。  

妊娠中・産後の骨盤矯正の効果

妊娠中は、体重増加によって骨盤(仙腸関節)への負担が増加します。妊娠後期からは赤ちゃんがスムーズに産道を通れるように、「リラキシン」というホルモンが分泌され、骨盤の靱帯がゆるんでいきます。そのため靭帯の安定が悪くなり、骨盤に負担がかかります。さらに妊娠から出産の約一年の間で、腹筋やお尻の筋力が弱くなりやすいので、骨盤のゆがみが起こりやすいのです。

骨盤は身体の土台にあたる部位なので、骨盤のゆがみによって背骨のねじれがおきたり、筋肉のバランスが悪くなるため、腰痛や首肩こりの原因になります。また、骨盤のゆがみは左右の子宮円索という靱帯の緊張状態を変化させ、子宮の適切なバランスを崩すことで逆子の赤ちゃんの確率が高まることも報告されています。

出産後は授乳や抱っこ、床から抱き上げるなどのお母様に負担のかかる動作を繰り返すことで、骨盤周りに負担がかかります。慢性的な睡眠不足や育児の精神的なストレスも加わると、腰痛のリスクが高くなります。

こうした理由から、骨盤をよい状態に保つことはお母様はもちろんお子様の健康にもとても大切なことです。  

当院での妊娠中・産後ケアと骨盤矯正

出産前に骨盤のゆがみを取り除いて、出産後速やかに正常な骨盤の状態に戻せるように整えます。妊娠の始めと終わりは、刺激が強すぎると母体への影響が考えられますので、注意しながら負担の少ない調整を行います。 負担の少ない調整であるために、効果を維持するには来院回数がやや多めになるかもしれません。(安定するまで週1~2回のペースで数回 安定後は2~3週に1回ぐらい)

出産直後は、骨盤周りの靱帯がゆるんでいるため、ゆがみが起こりやすい状態です。その結果、腰痛や足の冷えなどさまざまな問題を引き起こすことがあります。風邪も早い段階でのケアが大切なように、出産後の骨盤回りのケアも早いほど短期間で効果が得られます。 具体的には骨盤の動きや周辺の筋肉の状態を整えること、安定が良くない場合は骨盤ベルトでの固定もしながら、2~3週に1回ぐらいの頻度で状態を確認しながら調整をしていきます。

骨盤ベルトによる骨盤矯正

妊娠中や出産後、体質によって骨盤の関節の動きが過剰になってしまうことがあります。その場合、施術に加えて日頃の生活から骨盤ベルトを使用していただき、適切な骨盤の状態を維持していただく必要があります。当院では骨盤ベルトの正しいつけ方もお伝えしています。

エクササイズの必要性

妊娠中のお客様からよく聴かれるお悩みに「むくみ」症状があります。妊娠中は血液量が増える一方で、心臓の機能がやや悪くなる(大きくなったお腹が圧迫するため)ので、身体全体でむくみが起きやすくなります。それに伴い手足の感覚異常や痺れを感じることがあります。特に下半身のむくみが出やすいのは、お腹が大きくなってくると、子宮が腹部の大きな血管を圧迫しますし、大きいお腹が股関節を圧迫しリンパの流れを悪くすることが原因になります。

当院の施術①
当院の施術②

当院では、簡単にご自宅でできる、骨盤のゆがみを予防するエクササイズや下半身のむくみを予防するトレーニングをお伝えしています。

当院ではたくさんの骨盤のゆがみのお客様を改善してきた実績があります。ぜひあなたのお悩み改善のお手伝いをさせてください。    

PAGE TOP