カイロ+
パーソナルトレーニング

sidekick(サイドキック)の施術について

お客様のお身体についてのお話とさまざまな検査に基づいて、背骨・骨盤を中心に関節や筋肉を調整し、脳、神経系のはたらきを整えていきます。施術に加えてエクササイズやトレーニングを行っていただき、根本的な身体の改善を目指します。

施術とパーソナルトレーニングの割合は、施術をメインにしたり、ほとんどの時間をパーソナルトレーニングにあてたりと、お客様の状態にあった配分で行います。

以下のような施術・トレーニングも取り入れています

  • カイロ専用ベッドによる骨盤矯正
  • 筋膜専用のステンレス器具を使った筋膜ケア
  • 姿勢をリセットするエクササイズ
  • 腹筋インナーマッスルのトレーニング
  • ファンクショナルトレーニング
  • 自宅でのストレッチ、トレーニング方法の指導

初回

8,500円税込)

50~60分

通常施術

5,900円税込)

30~40分

集中施術

8,500円税込)

50~60分

キャンセルポリシー

  • 施術のキャンセルやご変更は、前日までにご連絡ください。
  • ご予約日当日のキャンセル、または無断キャンセルにつきましては、施術料全額がキャンセル料として発生いたします。
  • 当院は完全予約制となります。その時間をご希望されていた他のお客様をお断りして時間を確保しておりますので、当日のキャンセルや無断キャンセルとなりますと、他のお客様の施術機会が失われてしまいます。また当院の経営にも負担となりますので、キャンセル料を頂戴しております。

※やむを得ない理由についてはキャンセル料はいただいておりません。(お仕事の都合、予約を忘れていた、などを除く)

カイロプラクティックとは?

カイロプラクティック

カイロプラクティックは、背骨のゆがみを手で調整することにより、神経系の働きを正常化させて健康へと導く自然療法です。

カイロプラクティックの理論では、脊椎を中心とする”身体の構造”と、神経系を介した”身体の機能”に着目します。人の身体を支配しているのは、脳から全身へつながっている神経系です。神経系の働きが低下すると身体の各器官の働きが低下し、やがて痛みや不快感などの症状が起ります。神経系の働きを正常に戻すことで、身体本来の治癒力が最大限に引き出され、自然に身体は回復していきます。

カイロプラクティックは腰痛、頚部痛をはじめとする筋骨格系の症状に広く対応しています。また筋骨格系以外の問題でも、長時間のデスクワークからくる姿勢の影響、医療機関では異常がないと判断されたにもかかわらず体調がすぐれない、疲労感があるといった状態、スポーツによるケガからのリハビリ、日常の健康管理といった目的からもカイロプラクティックは利用されています。

ハーバード大学医科大学院による記事では、”カイロプラクティックは腰痛の治療について、薬に代わる選択肢としてアメリカ医師会のガイドラインで推奨されており、腰痛以外の筋骨格系の痛みを持つ人の助けにもなる”と紹介されています。

元の記事:Harvard Medical School
https://www.health.harvard.edu/pain/chiropractic-care-for-pain-relief

カイロプラクティックの歴史

カイロプラクティックは1895年、D.D.パーマー(ダニエル・デービッド・パーマー)によってアメリカで生まれました。パーマーはアイオワ州ダベンポートでパーマー・スクール・オブ・カイロプラクティックを設立し、このスクールを卒業した河口三郎(かわぐち さぶろう)によって、1916年(大正5年)日本に伝わったとされています。

現在、アメリカやイギリス、カナダ、オーストラリアなど約40の国と地域で法制化されていますが、日本ではいまだ法制化されていません。

WHO基準のカイロプラクティックとは

法制化されていないということは、簡単に言えば誰でも「今日から私はカイロプラクターです」と名乗って問題がないということです。また、カイロプラクティックを学んだといっても、日本では整体師や柔道整復師(整骨院の先生)の先生がカイロプラティックの看板をかかげて施術をおこなっているケースが多いですが、中には数週間のセミナーを受けただけという先生も存在します。

WHO(世界保健機構)では国際的なヘルスケアとして、代替医療の中ではカイロプラクティックと鍼灸の2つだけが認められています。 WHOは国民と患者を保護し、正規で、安全なカイロプラクティックの実施を推進するため 「カイロプラクティックの基礎教育と安全性に 関するガイドライン」を作成しています。ガイドラインの中で”正式なカイロ教育は全日4年制4200時間以上の教育(うち臨床実習1000時間)”と定め、このWHO基準の教育を受けたカイロプラクターは、日本では1,000人にも満たない数です。国内においては、カイロプラクターを名乗る95%以上の先生は正規のカイロプラクターではありません。

カイロプラクティックを安全に施術するためには、医学的な知識はもちろん、カイロプラクティックでできること、やってはいけないことを専門的に学ぶ必要があります。日本においてカイロプラクティックの施術で事故が起きるのは、そうした知識や技術の未熟な自称カイロプラクターが多く存在していることと無関係ではないと思います。

日本カイロプラクターズ協会による、カイロプラクティックの説明動画です。5分程度のとてもわかりやすい動画なのでぜひご覧下さい。

整体とカイロプラクティックの違い

カイロプラクティックは前述のように、学問として教育基準がすべて明確に規定され、そのことが世界中のカイロプラクターで共有されています。正規のカイロプラクターであれば医学部水準での大学専門教育のを受けており、教育レベルが保障されているので、安心してカイロプラクティックを受けることができます。

日本では整体といえば一般的には「手を使った施術法」を意味する言葉として使われています。ですが、整体師の先生によって整体とは何か?という答えはまるで違います。なぜなら、さまざまな整体師の方が”〇〇式整体”や”〇〇整体法”といった独自の考えをもとに独自の整体をおこなっており、同じ整体師という肩書きでも、中身がまったく異なるからです。

また日本のカイロプラクティック業界の問題と同じように、数週間のセミナーを受けただけの整体師もたくさん存在します。この数年は大規模チェーンの整体院が乱立し、数週間研修を受けただけのパート・アルバイトの整体師も増えています。もちろん整体師の中には、何十年とキャリアを積んだすぐれた先生もたくさんいらっしゃいますが、整体業界ではWHO基準のような客観的な教育基準がないため、良い整体師の先生を見つけるのはとても難しいです。

青梅市で唯一”WHO基準の正規カイロプラクター”

当院の院長平原は、WHOの定める教育基準をクリアしたRMIT大学カイロプラクティック学科日本校(現東京カレッジ・オブ・カイロプラクティック)を卒業した正規のカイロプラクターです。安全で安心していただける施術をお約束いたします。

PAGE TOP