足・膝・股関節の症状

膝の内側の痛み・鵞足炎(がそくえん)

膝の内側の痛み・鵞足炎(がそくえん)とは

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 膝の屈伸をすると膝の内側に痛みがある
  • 病院で鵞足炎(がそくえん)と診断された
  • マッサージやストレッチをしても膝の内側の痛みが良くならない
  • 階段の上り下りで膝の内側が痛む
  • 登山に行くと膝の内側に痛みが出る
  • 膝サポーターをつけているが膝の痛みは変わらない

当院の施術は病院や整骨院、マッサージ院などでスッキリと改善しない股関節の付け根の痛みでお困りの方におすすめです。

膝の内側の痛み・鵞足炎(がそくえん)とは

膝のお皿と太ももの骨とすねの骨か組み合わさって膝の関節となりますが、膝の内側を支える3つの筋肉が膝関節をまたいで、すねの骨、脛骨(けいこつ)に終わる部分を「鵞足(がそく)」と言いいます。

3つの筋肉は縫工筋(ほうこうきん)、薄筋(はっきん)、半腱様筋(はんけんようきん)で全て骨盤から始まる筋肉です。

この鵞足(がそく)の部分に問題が起こると膝の内側に痛みを感じる様になります。

膝の内側の痛み・鵞足炎(がそくえん)の原因

筋肉は骨に付くところで「腱(けん)」という硬い組織に変わります。骨と腱が付着している部分は、筋肉によって引っ張られるストレスがかかります。

膝のように体重を支えながら曲げ伸ばしをする関節は特に強く引っ張られる場所です。これが運動によって繰り返されると、少しずつ腱に傷がつき炎症になります。

ひどくなると腱とすねの骨の間にあるクッション(滑液胞 かつえきほう)も炎症を起こして膝の内側に痛みや腫れが起こります。

繰り返し膝を曲げる動作、坂道や階段を走るなどが原因となります。登山やトレイルランニングなど、起伏のあるコースを長時間移動する場合は注意が必要です。

膝の内側の痛み・鵞足炎(がそくえん)を改善するには?

当院では下記の問題が膝の内側の痛み・鵞足炎(がそくえん)に影響していると考えています。
・身体の前後左右のバランス(姿勢や動作)

・各スポーツのプレーに必要な筋力が発揮できているか

・脊柱や骨盤、股関節、足首などの関節の可動域

これらの問題を施術によって整えることで膝にかかる負荷を軽減していきます。

特に鵞足の3つの筋肉は骨盤から始まり股関節と膝を動かす作用がありますので、骨盤や股関節の調節は欠かせません。

歩き方が悪いために膝の内側に負担をかけてしまう方も多いです。そういう方には正しい歩き方や靴の選び方など、膝に負担をかけないような習慣を身につけていただきます。

当院の施術①
当院の施術②

当院ではたくさんの膝の内側の痛み・鵞足炎(がそくえん)のお客様を改善してきた実績があります。あなたのお悩み解消のお手伝いをさせてください。

PAGE TOP