腰部の症状

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症とは

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と診断されたが、手術はしたくない
  • ブロック注射をしたが腰の痛みがとれない
  • お尻から太ももや足の指にかけてのしびれがある
  • 「ビリビリ」「電流が走るような」「焼けるような」しびれを感じる
  • 腰を丸めて前屈すると足のしびれが強くなり、靴や靴下を履くのがつらい
  • 咳やくしゃみなどで足のしびれが強まる
  • 朝に起きた時に腰が痛い
  • ずっと座っていると腰が痛い
  • 歩いているとしびれが悪化し、少し休むとまた歩けるようになる
  • 腰を反らせると腰痛や足のしびれが強くなる

当院の施術は病院や整骨院、マッサージ院などでスッキリと改善しない椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症でお困りの方におすすめです。

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)とは

背骨と背骨の間にあるのが椎間板(ついかんばん)で、背骨の動きを安定させたり、背骨にかかるショックを吸収する「クッション」のような働きをしています。

椎間板は外側が「線維輪」という線維質、内側が「髄核」と呼ばれる水分を豊富に含んだゼリー状のクッションでできています。一日中、立ったり座ったりしていると重力の影響で少しずつ水分が失われていきますが、横になったり睡眠を取ることで、椎間板には水分が戻ってきます。朝と夜では身長が数センチ変わるのは、椎間板のクッション性がそれだけ変化しているためです。

椎間板ヘルニアは、この椎間板に亀裂が生じたり、髄核が飛び出して神経を圧迫して足にしびれを起こす症状で、10代から50代が最も多いです。    

脊柱管とは背骨のが積み重なってできているトンネルで、腰の脊柱管では足の運動神経、足の感覚神経、排尿や排便などに関わる神経の通り道になります。脊柱管狭窄症は、脊柱管が何らかの原因で狭くなることによって神経が圧迫を受け、下半身のしびれをはじめとする様々な神経症状を起こします。

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)の原因

座っている姿勢は椎間板に対する負担は大きくなるため、デスクワークの多い方やタクシーや長距離トラックのドライバー(運転時の震動が加わる)椎間板ヘルニアのリスクが高いです。

しかし、 1990年代にアメリカでMRIを使った研究がおこなわれ、椎間板ヘルニアは腰痛と関係ないことが明らかになっています。腰痛で椎間板ヘルニアが見つかっても、実際には筋肉や腰椎や骨盤の関節の問題が痛みを引き起こしているケースの方が多いことが考えられます。

脊柱管狭窄症は思い当たる原因もなく始まることから、 長い年月をかけて 脊柱管内部の靱帯が分厚く変形したり、硬く骨化したりするケースが多いと考えられています。そのため年齢が高くなるほど脊柱管狭窄症の方が多くなります。  

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)を改善するには?

椎間板ヘルニアと診断されても、背中や腰、お尻や太ももなどの筋肉のバランスを整え、背骨と骨盤の関節を調整することで腰痛は軽減していきます。脊柱管狭窄症の場合も同様の調整をしていきますが、トレーニングによって背骨を安定させることが欠かせませんので、改善するまでは時間がかかります。

当院の施術①
当院の施術②

当院ではたくさんの椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症のお客様を改善してきた実績があります。ぜひあなたのお悩み改善のお手伝いをさせてください。   

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の重症例では、至急手術が必要になるケースもあります

  • 肛門付近にしびれや焼けるような感覚を感じる
  • 歩くとおしっこが出そうになる
  • 排尿のコントロールができず、頻尿や尿もれがある

などの場合「馬尾徴候」(ばびちょうこう)という危険な状態が疑われます。
上記のような症状がある場合、すみやかに病院で診察を受けるようにしてください。

PAGE TOP