足・膝・股関節の症状

ジャンパー膝(膝蓋腱炎 しつがいけんえん)

ジャンパー膝(膝蓋腱炎 しつがいけんえん)

このような症状でお悩みではありませんか?

  • バレーボールやバスケットボールのプレーで膝が痛い
  • テニスの時に膝のお皿の下あたりが痛い
  • ダンスをしていると膝が痛む
  • 病院でジャンパー膝と診断された
  • 痛み止めの湿布や塗り薬を使っているが膝痛が良くならない
  • サポーターをしていても膝の痛みが改善しない

当院の施術は病院や整骨院、マッサージ院などでスッキリと改善しないジャンパー膝(膝蓋腱炎 しつがいけんえん)でお困りの方におすすめです。

ジャンパー膝(膝蓋腱炎 しつがいけんえん)とは

膝蓋腱(しつがいけん)は膝のお皿の下にあって、膝を曲げ伸ばしする時にこの部分の緊張が強くなります。

そして膝蓋腱に繰り返し強いストレスがかかると、腱に炎症が起きて膝が痛むようになります。

この膝の痛みはプレー中にジャンプをするスポーツに多い症状なので「ジャンパー膝」と呼ばれています。

ジャンプしたりステップを多用するバスケットボールやバレーボールだけではなく、サッカーやフットサル、テニスなど、全力疾走から急にストップするようなプレーが多いスポーツにもジャンパー膝の方はみられます。もちろんランニングなどでもジャンパー膝は起こります。

ジャンパー膝(膝蓋腱炎 しつがいけんえん)の原因

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)という筋肉は太ももの前側にあって、膝蓋腱を通じて膝を曲げ伸ばしするの動作で働きます。

ジャンパー膝ではこの筋肉のオーバーユース、使い過ぎによって膝の痛みが起こります。

筋肉が耐えきれないほどの強い衝撃や、長すぎるプレー時間、回復するための休養、ケアが不足していることが原因です。

ジャンパー膝(膝蓋腱炎 しつがいけんえん)を改善するには?

当院では下記の問題がジャンパー膝に影響していると考えています。
・身体の前後左右のバランス(姿勢や動作)
・各スポーツのプレーに必要な筋力が発揮できているか
・脊柱や骨盤、股関節、足首などの関節の可動域

これらの問題を施術によって整えることで膝にかかる負荷を軽減していきます。膝蓋腱の調整も大事ですが、オーバーユース、使い過ぎがみられる場合、その他の筋肉が上手く働いていないことがよくあります。こうした使えていない筋肉を調整し、トレーニングすることは、身体の正しい動きを取り戻し、膝の痛みなく思い切りプレーすることを可能にします。

当院の施術①
当院の施術②

当院ではたくさんのジャンパー膝(膝蓋腱炎 しつがいけんえん)のお客様を改善してきた実績があります。あなたのお悩み解消のお手伝いをさせてください。

PAGE TOP