足・膝・股関節の症状

ランナー膝(腸脛靭帯炎 ちょうけいじんたいえん)

ランナー膝(腸脛靭帯炎 ちょうけいじんたいえん)

このような症状でお悩みではありませんか?

  • ランニングで膝の外側が痛む
  • 自転車に乗っていると膝の外側に痛みがある
  • 登山をしていて膝の外側が痛くなってくる
  • 病院でランナー膝と診断された
  • 痛み止めの湿布や塗り薬を使っているが膝の外側が痛い
  • ストレッチをしても膝の痛みが改善しない

当院の施術は病院や整骨院、整体院などでスッキリと改善しないランナー膝(腸脛靭帯炎 ちょうけいじんたいえん)でお困りの方におすすめです。

ランナー膝(腸脛靭帯炎 ちょうけいじんたいえん)とは

腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)は太ももの筋肉を包んでいる大腿筋膜(だいたいきんまく)という組織が分厚くなった部位のことです。

ややこしいのですが、名前と違って靭帯ではありません。

とても硬い線維でできており、股関節を外側から支え、膝関節をまたいでスネの外側まであります。

「腸脛靭帯炎」は膝を曲げるときに、太ももの骨である大腿骨(だいたいこつ)の出っ張りと、腸脛靭帯とが繰り返しこすれて起きる炎症で、膝の外側が痛くなります。

ランニング愛好者に多いことから「ランナー膝」と呼ばれています。

ランナー膝(腸脛靭帯炎 ちょうけいじんたいえん)の原因

腸脛靭帯が大腿骨にこすれてしまうのは、一般的に次のような原因が考えられます。

・ランニングや自転車で走る距離や時間が長すぎる

・筋肉の疲労が回復するための休養が不足したまま走り続けている

・走り方、フォームの問題

・走るコース、地面が硬い、シューズのクッション性が悪い

・周回コースなど、片側の脚にばかり負担がかかるところを走っている

ランナー膝(腸脛靭帯炎 ちょうけいじんたいえん)を改善するには?

当院では下記の問題がランナー膝に影響していると考えています。
・身体の前後左右のバランス(姿勢や動作)
・走るために必要な筋力が発揮できているか
・脊柱や骨盤、股関節、足首などの関節の可動域

これらの問題を施術によって整えることで膝にかかる負荷を軽減していきます。ランナー膝の場合、股関節周りの他の筋肉が上手く働いていないことがよくあります。こうした上手に使えていない筋肉を調整し、トレーニングすると、身体の正しい動きを取り戻すことができます。そうしてはじめて膝の痛みを気にせずに思い切り走れるようなっていきます。

当院の施術①
当院の施術②

当院ではたくさんのランナー膝(腸脛靭帯炎 ちょうけいじんたいえん)のお客様を改善してきた実績があります。あなたのお悩み解消のお手伝いをさせてください。

PAGE TOP