肩・肘・手首の症状

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩とは

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 背中に手をまわすと肩が痛い
  • 上着を着る時肩が痛い
  • がんばっても肩が挙がらない
  • 寝返りをうつと痛みで目が覚める
  • 車のハンドルがうまく回せない

当院の施術は病院や整骨院、整体院などでスッキリと改善しない四十肩・五十肩でお困りの方におすすめです。ぜひ青梅カイロ+スポーツケアsidekickへお越しください。

四十肩・五十肩とは

四十肩・五十肩は、肩関節の靭帯や関節包、腱に炎症・癒着が起きることから、専門的には「肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)」と言われ、肩の痛みと肩を挙げることができないという症状を起こします。

名前から四十代、五十代に多いと思われやすいですが、三十代で発症する方もたくさんいます。

四十肩・五十肩は一度なってしまうと症状が長引くことが多く、 何も治療を受けなくてもだいたい2年くらいで痛みはなくなると言われています。 

しかし、良くなったと思ったら、反対側の肩にも同じような症状が出てくることも珍しくはありません。

四十肩・五十肩の原因

四十肩・五十肩は、必ずしも肩を酷使する仕事やスポーツだけではなく、デスクワークの方々にもよく見られます。

慢性的に肩に負担がかかっている状態、例えば背もたれにべったりと寄りかかり、腕を伸ばした状態でパソコン作業をしたり、カバンを常に片方で持つなども四十肩・五十肩の原因になる可能性があります。

四十肩・五十肩3つのステージ

急性期(炎症期)
・寝ている時に肩の激痛でおきてしまう
・肩を動かさなくても痛みはあり、少しでも動かそうとすると肩に激痛

慢性期
・安静にしていれば肩は痛くないが、動かすと肩が痛い
・一定の範囲でしか肩を動かすことはできない

安定期
・普段はなんともないが、肩を動かすと少し痛む
・痛みがないのに、肩が思うように動かない

四十肩・五十肩を改善するには?

四十肩・五十肩では、急性期→慢性期→安定期の順番でだんだんに良くなっていきますが、人によっては急性期がなく、気がついたら肩が上がらないという場合もあります。

それぞれの段階によって施術のアプローチは異なります。
急性期では炎症が強いので、肩を動かすことは厳禁です。安静にして電気治療やアイシングなどで炎症が治まるようにします。

慢性期や安定期では、肩の動く範囲が広がるように積極的に肩を動かす施術を行い、日常生活でも痛みの範囲で動かすエクササイズをおこなっていただきます。

当院の施術①
当院の施術②

四十肩・五十肩の場合、治療回数はかかりますが、当院ではたくさんの四十肩・五十肩をお持ちのお客様を改善してきた実績があります。

四十肩・五十肩でお困りでしたら、青梅カイロ+スポーツケアsidekickで一緒にあなたのお悩みを解消しませんか?   

心臓の問題で肩に痛みや違和感を感じることがあります

狭心症や心不全など心臓に関わる病気が起こると、心臓の痛みだけでなく、左の首や肩、腕に痛みが現れることがあります。これを関連痛といい、心臓の痛みを皮膚の痛みとして感じている状態です。 この場合左肩自体には何も問題が起こっていないため、肩を動かしても痛みはありません。

  • 激しい運動によって痛みが左のあごや首、胸から腕にかけて広がる
  • 多くの場合痛みが30分以上続くことはない
  • 運動をやめることによって痛みは治まる
  • 心臓に関わる症状(胸の痛み、息切れ、動悸、冷や汗、めまいなど)が起こる

 上記のような症状がある場合、すみやかに病院で診察を受けるようにしてください。  

PAGE TOP