肩・肘・手首の症状

野球肩(インピンジメント)

野球肩(インピンジメント)

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 野球でボールを投げると肩が痛い
  • 肩の痛みでテニスのラケットを振れない
  • バレーボールのスパイクで肩が痛む
  • 水泳のクロールやバタフライで肩が痛い
  • 背中に手をまわすと肩が痛い

当院の施術は病院や整骨院、マッサージ院などでスッキリと改善しない野球肩(インピンジメント)でお困りの方におすすめです。

野球肩(インピンジメント)とは

インピンジメントの意味は、「はさみ込み」です。別名「はさみ込み症候群」ともいいます。肩の関節で腱がはさみこまれ、痛みや滑液包というクッション組織に炎症が起きることをいいます。

具体的には肩を安定させるために重要な筋肉の腱「ローテーターカフ(回旋腱板)」が肩関節ではさまれます。野球の投球動作で起りやすいことから「野球肩」と呼ばれています。

野球肩(インピンジメント)の原因

野球肩(インピンジメント)肩関節の使い過ぎによって起こります。

野球での投球やテニスのスマッシュ、バレーボールでのスパイクなど肩を酷使するスポーツをされている方々がインピンジメントになりやすいです。

また、スポーツ以外でも建築作業やペンキ塗装など、腕を挙げたままで作業する仕事など、毎日の負担の積み重ねでも発症します。

特に猫背で肩が前に丸まった姿勢がクセになっている場合、肩の負担がより大きいため、姿勢の悪さが原因にもなります。

野球肘(インピンジメント)を改善するには?

野球肘(インピンジメント)には、カイロプラクティックが有効です。施術によって肩の筋肉のバランスを整えると、傷ついた腱への負担や痛みが軽減していきます。

また猫背姿勢によって野球肩が再発しやすくなるため、骨盤・脊柱の調節を行って姿勢の改善をするのが最も良い手段です。

エクササイズや筋力トレーニングを実践していただき、野球肩になりにくい身体を目指してサポートいたします。

野球肩はガマンしていると徐々に肩が上がらなくなり、日常生活に支障を来すこともありますので、痛みを感じたら早めに調整することが大事です。

当院の施術①
当院の施術②

当院ではたくさんの野球肘(インピンジメント)をお持ちのお客様を改善してきた実績があります。ぜひお悩み改善のお手伝いをさせてください。  

心臓の問題で肩に痛みや違和感を感じることがあります

狭心症や心不全など心臓に関わる病気が起こると、心臓の痛みだけでなく、左の首や肩、腕に痛みが現れることがあります。これを関連痛といい、心臓の痛みを皮膚の痛みとして感じている状態です。 この場合左肩自体には何も問題が起こっていないため、肩を動かしても痛みはありません。

  • 激しい運動によって痛みが左のあごや首、胸から腕にかけて広がる
  • 多くの場合痛みが30分以上続くことはない
  • 運動をやめることによって痛みは治まる
  • 心臓に関わる症状(胸の痛み、息切れ、動悸、冷や汗、めまいなど)が起こる

 上記のような症状がある場合、すみやかに病院で診察を受けるようにしてください。  

PAGE TOP