足・膝・股関節の症状

足底腱膜炎(そくていけんまくえん)

足底腱膜炎(そくていけんまくえん)

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 歩くと足裏が痛い
  • 足裏の痛みでランニングができない
  • 足のかかと辺りに痛みがある
  • 朝起きた時にかかとを着くと痛い
  • インソールを使用してもかかとの痛みが変わらない
  • 整形外科で足底腱膜炎と診断された

当院の施術は病院や整骨院、整体院などでスッキリと改善しない足底腱膜炎(そくていけんまくえん)でお困りの方におすすめです。

足底腱膜炎(そくていけんまくえん)とは

足底腱膜(そくていけんまく)は足裏を指の根元からかかとにかけて張っている、とても分厚い腱のことを言います。

足底腱膜は足裏のアーチを支えたり、歩くときの地面からの衝撃を和らげる役目をしています。

ウォーキングやランニングなどで足裏やかかとに繰り返し衝撃を受けると、この足底腱膜に炎症が起こります。

足裏やかかとの痛みで整形外科に行くと、足底腱膜炎と診断される方がとても多いですね。

足底腱膜炎(そくていけんまくえん)の原因

足底腱膜への負担は、歩くことやランニングだけではありません。バスケットボールやダンスなどジャンプする競技や、硬い地面にずっと立ちっぱなしでいることも足底腱膜に負担をかけます。

特に以下に当てはまる方は足底腱膜炎のリスクが高いです。

  • 足裏のアーチに柔軟性がない
  • クッション性のない靴・シューズを履いている
  • 硬い地面でスポーツ、運動をしている

足底腱膜炎(そくていけんまくえん)を改善するには?

足関節や足の甲の関節を調整し、足裏のアーチの柔軟性を高めることで、足底腱膜への負担を軽減することができます。骨盤や股関節の動きに不調が足に影響していることも多いので、骨盤矯正や股関節の調整して下半身全体のバランスを整えていきます。

さらに筋トレやエクササイズに取り組んでいただき、足裏に負担のかからない正しい歩き方を身に付けることで、根本的な改善を目指します。

足底腱膜への負担が長期間に渡ると、かかとの骨の表面をおおう骨膜を引っ張り、骨極(こつきょく)という変形を起こします。変形してしまったものは元に戻すことはできませんが、全身の姿勢バランスや身体の使い方を正すことで、かかとの痛みを気にすることなくウォーキングを楽しめたり、思いきり走ることができるようになります。

当院の施術①
当院の施術②

当院ではたくさんの足底腱膜炎(そくていけんまくえん)のお客様を改善してきた実績があります。あなたのお悩み解消のお手伝いをさせてください。

PAGE TOP