頭部の症状

顎関節症(がくかんせつしょう)

顎関節症とは

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 口を大きく開けると顎が痛い
  • 口を開きにくい
  • 口を開けると大きな音がする
  • 顎関節症と診断された
  • マウスピースをしても痛い
  • 歯のかみ合わせが良くない

当院の施術は病院や整骨院、整体院などでスッキリと改善しない顎関節症でお困りの方におすすめです。ぜひ青梅カイロ+スポーツケアsidekickへお越しください。

顎関節症(がくかんせつしょう)とは

顎(あご)の関節や顎の筋肉に痛みや口を開ける動きに異常があることです。口を開けるときに大きな音が鳴ることもあります。顎関節はとても小さな関節ですが、顎関節症は、首肩のコリや頭痛の原因にもなります。

顎関節症(がくかんせつしょう)の原因

(1) 悪い姿勢

猫背で顎(あご)が前に突き出た姿勢は、顎の関節に負担がかかり、この状態が長く続くと、口を開ける動きがスムーズにいかなくなります。ためしにあえて猫背にして口を開けてみてください。姿勢を良くした場合と比べて開きにくくありませんか?

特に仕事中などで集中している時に無意識で歯を食いしばる方は、悪い姿勢と合わさって顎関節症のリスクが高くなります。

(2) 悪いクセ

食べ物を食べるときに片側だけで噛む、頬杖(ほおづえ)をつく、パソコンやテレビを真正面ではなく首や体をねじりながら見ている、などなど顎関節症でお悩みの方の多くがこのような悪い習慣を続けています。

(3) 精神的なストレス

精神的なストレス度が高い人は、無意識に歯ぎしりや食いしばりをしています。音がするくらい噛むということは、顎関節にものすごい負担をかけてしまします。

(4)ケガや病気

事故やスポーツでの接触で顎に強い衝撃を受けたことがきっかけで顎関節症になることもあります。また関節リウマチなどの膠原病でも顎の関節に炎症が起きることがあります。

顎関節症(がくかんせつしょう)を改善するには?

(1)顎を動かす筋肉にアプローチ
顎関節には、大きく分けて口を開く筋肉と、口を閉じる筋肉の2つがあります。口を開く筋肉には外側翼突筋(がいそくよくとつきん)、口を閉じる筋肉には咬筋(こうきん)、側頭筋(そくとうきん)、内側翼突筋(ないそくよくとつきん)などがあります。これらの筋肉の左右のバランスが悪くなると、スムーズに口を開けることができなくなります。施術によって顎の筋肉を調整していきます。

(2)顎関節と関係が深い首に対するアプローチ
海外ではカイロプラクターと歯科医が協力して頚椎と顎関節の治療・研究が進められています。首と顎はお互いに影響し合い、特に上部頸椎(頭と首の境目の関節)が顎の動きに影響していることが分かっています。さらに背骨や骨盤、足に問題があると良い姿勢が取れないため、口をスムーズ開けることができません。顎だけではなく全身のチェックが必要です。

(3)悪いクセを直して自宅で予防するエクササイズ
頬杖(ほおづえ)などの悪い習慣を直さないままでは、施術の効果が持続しません。日常生活で意識して悪いクセをやめていただくことと、顎関節症は姿勢の影響が大きいので、全身のバランスを整えるエクササイズを実践していただくことが大切です。

当院の施術①
当院の施術②

当院ではたくさんの顎関節症のお客様を改善してきた実績があります。顎関節症でお困りのあなたも、青梅カイロ+スポーツケアsidekickで一緒にお悩みの改善をしませんか?  

PAGE TOP