お尻太もものしびれ・足指のしびれ

お尻や足の筋膜性疼痛症候群・トリガーポイント

お尻や足の筋膜性疼痛症候群・トリガーポイント

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 重だるい痛みやしびれ(太もも、ふくらはぎ、足先まで)がある
  • 座っているとお尻や太ももにじわーっとした痛みやしびれが出てくる
  • 歩いていると、お尻や太もものしびれや痛みがある
  • 夕方になるとお尻や足がしびれてくる
  • 湿布や痛み止めの薬を飲んでいるが、太ももや足のしびれが変わらない

当院の施術は病院や整骨院、マッサージ院などでスッキリと改善しないお尻や足の筋膜性疼痛症候群・トリガーポイントでお困りの方におすすめです。

お尻や足の筋膜性疼痛症候群・トリガーポイントとは

筋肉に硬結(コリ)が出来て過敏になると、コリになっている部分から足にしびれを起こすことがあります。しびれが起こるのは、主にお尻の筋肉が問題になってしびれを起こすことが多いです。

このような症状は「筋膜性疼痛症候群」(きんまくせいとうつうしょうこうぐん)と呼ばれています。

筋膜性疼痛症候群というのは、あまり聞き慣れない言葉かもしれません。
しかし『坐骨神経痛のような痛み・しびれ』が出るケースが非常によく見られます。

筋膜性疼痛症候群の場合、原因となっているコリの部分を押すと、押している部分だけの痛みだけではなく、足のしびれ・痛みも一緒に出てきます。これを「関連痛」と呼んでいます。

よく見られるのは、お尻の筋肉にこの硬結(コリ)が出来て、太ももの裏やふくらはぎなどに痛み・しびれなどの関連痛を出す状態です。症状が坐骨神経痛と似ているため、間違われることも少なくありません。

筋膜性疼痛症候群では、原因となっているコリのことを「トリガーポイント」と呼びます。代表的なものは、腰やお尻のコリです。

・腰のコリ→足(特に太もも裏)のしびれや痛み
・お尻のコリ→足(特にお尻や太もも裏、ふくらはぎ)のしびれや痛み

お尻や足の筋膜性疼痛症候群・トリガーポイントの原因

筋膜性疼痛症候群は、まず腰やお尻などにコリが出来ることから始まります。コリの部分は触ると硬くグリグリになっています。


コリが出来る原因としては怪我の影響などもありますが、多くは日常生活でのクセや筋肉のバランスの悪さ、骨盤や背骨の問題などです。

普段の座り方や足を組むことによって、股関節の筋肉のバランスが悪くなったり、骨盤の関節の動きが悪くなることで、日常的に腰やお尻の筋肉に負担がかかります。筋肉がだんだんとコリ固まってしまうと、トリガーポイントが出来上がり、太ももや足にしびれや痛みを感じるようになってしまいます。

筋膜性疼痛症候群が起こるメカニズム
●腰やお尻、太ももなどにコリができる

●コリの部分で血流が悪くなり、徐々にコリの部分が過敏になる(トリガーポイント)

●足にしびれ・痛み(関連痛)が起こる

トリガーポイントには2種類あります。
1つは、トリガーポイントを押さない限り、足にしびれ・痛みを起こさないタイプです。この状態では自覚症状としてのしびれはありません。

もう1つはトリガーポイントが過敏になりすぎて、押さなくても足にしびれ・痛みが起こっている状態です。この状態になってはじめて足のしびれ・痛みを自覚されて来院される方がほとんどです。

お尻や足の筋膜性疼痛症候群・トリガーポイントを改善するには?

筋膜性疼痛症候群は「筋肉のコリ」が原因ですので、マッサージでも改善できる可能性はあります。しかし、根本的な解決にはカイロプラクティック治療で関節を調節し、負担のかかりにくい体質にしていく必要があります。

特によく見られるのは、お尻にある「中殿筋」「小殿筋」「梨状筋」という筋肉のコリです。お尻や腰の筋肉は骨盤や腰椎に付いているため、腰椎や骨盤を整えると改善が早くなります。

トリガーポイントの改善には、筋肉のコリそのものを取り除くこと、骨盤や股関節を調整し、腰やお尻への負担を軽減する施術を行なっていきます。そして腰や股関節の使い方にも問題があることが多いので、当院ではトレーニングやストレッチの方法を覚えていただき、根本的な改善を目指していきます。

当院の施術①
当院の施術②

当院ではたくさんのお尻や足の筋膜性疼痛症候群・トリガーポイントのお客様を改善してきた実績があります。あなたのお悩み解消のお手伝いをさせてください。

PAGE TOP