お尻太もものしびれ・足指のしびれ

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 坐骨神経に沿った痛みやしびれ(太ももの裏、ふくらはぎ、足先まで)がある
  • 長時間座っているとだんだん脚に痛みやしびれが出てくる
  • 腰を前屈させると、足のしびれや痛みが強くなることがある。
  • しびれている側を上にして横向きに寝ると、しびれや痛みが強くなる
  • 湿布や痛み止めの薬を飲んでいるが、足のしびれがよくならない

当院の施術は病院や整骨院、マッサージ院などでスッキリと改善しない坐骨神経痛でお困りの方におすすめです。

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)とは

坐骨神経痛とは、その名の通り坐骨神経の痛みです。坐骨神経は腰から出てお尻を通って足先まで伸びている長い神経で、小指ほどの太さがあります。

坐骨神経痛は、この神経の通り道のどこかで神経が圧迫されたり炎症を起こしている状態を指します。

坐骨神経が圧迫されやすいポイント

①お尻:梨状筋というお尻の筋肉で坐骨神経が圧迫されることがあり、これを「梨状筋症候群」(りじょうきんしょうこうぐん)といいます。

②膝:膝の外側を坐骨神経の一部(総腓骨神経)が走っています。膝で神経が圧迫されることがあります。

③足首:足首で坐骨神経の一部が圧迫されることがあり、これを足根管症候群といいます。

この中でも最も多い「梨状筋症候群」(りじょうきんしょうこうぐん)に絞って話を進めていきます。

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)の原因

梨状筋は骨盤の中央から股関節に向かってお尻を横切るように付いている筋肉です。この梨状筋のすぐ下を坐骨神経が走っていて、梨状筋が緊張すると坐骨神経が圧迫されて痛みやしびれを起こします。これを「梨状筋症候群」(りじょうきんしょうこうぐん)と呼んでいます。

普段の座り方や足を組むことによって、股関節の筋肉のバランスが悪くなったり、や骨盤の関節の動きが悪くなることで、梨状筋が強く緊張するようなります。

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)を改善するには?

股関節を調整し、梨状筋の過剰な緊張を軽減していきます。股関節の使い方にも問題があることが多いので、トレーニングやストレッチの方法を覚えていただき、お仕事の合間やご自宅で行っていただくことで、坐骨神経痛の早期改善と再発の予防を目指します。

当院の施術①
当院の施術②

当院ではたくさんの坐骨神経痛のお客様を改善してきた実績があります。あなたのお悩み解消のお手伝いをさせてください。

PAGE TOP